【先行予約開始】α7CことILCE-7C、その立ち位置はいかに。私が思う事。

まず先に、昨日の PlayStation®5先行予約に関する私の記載内容に過ちが有りました事、謹んでお詫び致します。
昨日の日記は内容を修正いたしました。結果、多くの皆様に誤った情報をお伝えしてしまいました。

誠に申し訳ございませんでした。

————————————————-

さて、気持ちを入れ直してこれからも文面は多少おふざけしながらも正確な情報を伝えてまいりたいと思います。

予定通り、本日よりおニューなα、α7CことILCE-7Cの先行予約が開始となりました。

α7Cボディのみ・・・209,000円税別 α7Cズームレンズキット・・・239,000円税別がソニーストアプライスになります。

ご興味のある方は既にスペック等はチェック済かと思いますので、その辺はソニーさんのページにお任せさせて頂き
私の方はこのα7Cというカメラは、、という事で書かせて頂きたいと思います。

α7Cの詳細スペックはコチラからチェックして下さい。

このα7Cというカメラの噂が出始めたのは実はα7SⅢの噂が立ち始めた頃とほぼ同タイミングです。
ソニーが2つのカメラを認証機関に登録したという情報が入ってきたと記憶しております。

そしてご存じの様にα7SⅢが先行して発表された後も、実はもう1機種の隠し玉が有るという噂で持ちきりでした。
それが本日より先行予約がスタートしたα7Cという事になりますね。

ファインダーが無い’動画重視機’というのが先行した噂だったと記憶しております。


☆私が考えるα7Cというカメラ

α7CのCはコンパクトのCですね。基本的にAPS-C機のα6600とほぼ同サイズにフルサイズセンサーをビルトイン。
ミラーレス重視なソニーのカメラは元々小さいイメージが有る中で、さらにコンパクトさを追求したモデル。

発売してみればちゃんとファインダーも搭載されておりました。私個人としてファインダーの無いカメラは一眼とは思っておりません。


サイズは異なりますが、ファインダーのドット数としてはα7Ⅲと同スペックとなります。T*ですし。

賛否あるかも知れませんが、細かい事はさておきα7Ⅲとα7Cは同等程度のスペックを持つと言ってよいと思います。
同じα7シリーズであっても「R」や「S」はベクトルが全く異なるカメラです。多くのカメラメーカーでも特異な展開です。

では、このα7Cというカメラの立ち位置はいったいどういった物かを考えると、先日の日記にも書いたようにLEICAを想いつきます。

フィルム時代の話で恐縮ですがLEICAのカメラはM型(レンジファインダー)とR型(一眼レフ)の2ラインでの展開でした。

M型・R型ともにレンズもそれぞれのラインナップが有るのですが、これがちょっと面白くて話が脱線しますが、
日本ではLEICAといえば「M型」が圧倒的な人気、R型を使う人は変わった人?(失礼)という感じでした。
しかしアメリカでは「R型」が主、なぜ使いにくいレンジファインダー機を選ぶの?一眼レフの方が全然良いじゃん、

こんな感じでしたね。でもワールドワイドでみればLEICAはM型です。はっきり言って一眼使うならLEICAじゃなくても。
わたしも個人的にそう思っておりました。個人的にM型はM4、M6、CLの3機種を使いました。とっかえひっかえですが。

でもメーカーとしてはM&R共に存在価値を感じて商品を出していたはずですよね。それに今回のα7Cはかぶるんですよ。


こちらはWIKI先生よりいただきました画像ですが、LEICAとミノルタが共同開発して作った「ライツミノルタ」というブランドの
「CL」というカメラです。基本的にLEICAブランドとライツミノルタの2つのブランドで発売しました。
愛称はライツCLと呼ぶのですが、このCLの良さはいわずもがなのコンパクトさです。

もともとLEICAのM型(レンジファインダー)機はスナップ向きなカメラです。ファインダー自体がブライトフレームで
画角を見る訳ですからどうしても望遠レンズには適さない、頑張っても50㎜までのレンズを使うカメラと言えます。

その中でも、とりわけライツCLはスナップカメラ、さんぽカメラとも言えると思います、偶然の出会いの為に。
スナップカメラの外せない条件はコンパクトである事と速写性です。このα7Cはバッチリそれに当たります。

ライツCLがコンパクトゆえ、通常のM型から比べるとそこまでの「イバリ」は感じないのですが、それがスナップカメラの重要な所。

☆ α7Cにおススメレンズ

α7CはFE 28-60mm F4-5.6付きのレンズキットもございます。30,000円の標準ズームなら同時購入されてもよろしいかと。

しかし私に、このα7Cに1本付けるならどのレンズと聞かれれば迷うことなくこのレンズをお勧めしますね。

SONY SEL35F28Z 間違いない、スナップを撮るなら35㎜です。そしてα7Cをこんな風にしますね。

バッヂを黒いテープでも貼って隠してしまいますよ。

ストラップはこういうのを使いますね。(参考:ARTISAN&ARTIST*)

もちろんそのまま山などへ持って行くのもよろしいと思います。

そう、何が言いたいかと言うとカメラが小さい事が大きなメリットをもたらす事がおおいにあるし、私も小さい方が好き。
LEICAのM型が買えないからライツCL使うの?ってそういうんじゃないですよね。「粋」なんですよ。「わかってる感」です。

 

9月18日より先行予約開始、発売は10月23日頃

詳しくはソニーストアにてなめるようにチェックを!!

私は今、αのボディを1台購入するなら迷わずα7Cを購入しますね。

どうぞよろしくお願いいたします。

上司、こんな感じで良いのでしょうか?ツイッターではなく直接お問い合わせくださいませ!!

 

 

上記の追記記事

【先行予約開始】α7CことILCE-7C、その立ち位置はいかに。私が思う事。追記

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

フジクラデンキ

足利市芳町17
TEL 0284-44-3039

担当:しのざきまで

営業時間 9:00~19:00(祝日は18:00迄)
定休日 日曜日及び第2月曜日

ソニーストアでのお買物相談は
http://www.sony.jp/
ショップコード:2114001 をお伝えください!

お問合せフォームございます

お問い合わせ

ツイッターはこちら(フォローお願いします!)
http://twitter.com/#!/r_fujikura

フェイスブックページはこちら(イイネお願いします!)
http://www.facebook.com/wistafujikura

足利周辺でパナホームをご検討の方はフジクラデンキへ

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■