α7SⅢの実力を活かす、G masterレンズ及びCFexpressカードとゆかいな仲間たち。

脳がカメラ屋(笑

本日はα7SⅢの実力を活かす、G masterレンズ及びCFexpressカードとゆかいな仲間たちをご紹介します。

昨日は朝から晩まで望遠レンズの話をしていて、思えば電気屋の仕事をしていなかったな。会社におこられそう。。
ま、これも仕事とは言う物の、絶賛会社の中で異彩?を放っている事は間違いない、良くも悪くもですが。

本体、α7SⅢの事はまだ全然書きたいことを残しておりますが、そんなこんなでご興味がある方はご自身で調べてるでしょうし。
本日はα7SⅢの本領を発揮させるアクセサリーなどについて書かせて頂きます。

☆メモリーカードについて

α7SⅢで使用できる記録媒体はSDメモリーカード、SDHCメモリーカード、SDXCメモリーカード、そしてCFexpress Type Aカード。
SDカード群については「今更次郎」ですから割愛させて頂きますが、ぜひソニーのタフシリーズをお願いします。

で、メモリーカードの本題はやはりコチラでしょうね。

CFexpress Type A メモリーカード  とうとう本家本元のソニーもCFexpress カードを採用。当然ちゃー当然ですよね。
CFexpress Type A メモリーカード自体が新規格ですからね、凄い物を出して他社さんにもどんどん採用していただく事が重要。
そうすればソニーさんにガッポガッポと¥マニー$が入ってくる、とはいえ開発費を回収しませんとね。


規格としてはSDカードより一回り小ぶりとなりますが、上の方の写真の様にα7SⅢでは2スロット共に双方の挿入が可。

当然ながらその魅力はスピード、もう激速な訳ですよ。
SDカードの雄といえばいうまでもありません、サンディスクさんですよね。サンディスクのエクストリーム プロ。
エクストリーム プロの主たるスペックはこんな感じです。

300MB/260MB 早いですよね。

が、しかし。ソニーのCFexpress Type A メモリーカードは最大書き込み:700MB/s 最大読み出し:800MB/s!!

まさに激速です。光の速さをしのぐ?かも。。まさしくα7SⅢの本領を発揮する為のメモリーカードです。

α7SⅢのスペックとして公開している下記の項目はCFexpress Type A 使用時のみ可能なスペックです。
動画:4K 記録 スロー&クイックモード XAVC S-I記録 フレームレート120 fpsの設定時
   FHD 記録スロー&クイックモード XAVC S-I記録 フレームレート240fpsの設定時
静止画:非圧縮RAW形式で1,000枚以上の高速連写

CFexpress Type A メモリーカード CEA-Gシリーズは80GB/160GBのラインナップとなります。160GBで4~50000円程度とか。

なお、CFexpress Type A メモリーカードにはぜひ合わせて専用のカードリーダーをご使用下さいませ。

CFexpress Type A / SDカードリーダー MRW-G2 

CFexpress Type A メモリーカード 及び SDカードリーダー共にα7SⅢの発売に合わせて10月9日頃発売予定です。

☆アイピースカップ

α7SⅢ専用アイピースカップ FDA-EP19 標準価格1,350円税別

〇レバー式ロック機構により不用意に外れにくい設計
〇柔らかいシリコン素材を使用
〇目の周辺部から入り込む光を遮断しファインダー像の視認性を向上

やはり944万ドットのEVFを持つα7SⅢには映像に集中する為のアイカップが必要という事でしょう。

これは個人的な思いとしてですが、「これくらい付属品でつければ」という気もします。。

 

☆レンズについて

α7SⅢの本領を発揮する為にはやはりレンズが重要。まぁレンズが無いと写りませんからね。。いや、そういうんじゃなくて。

やはり「G master」でしょう。今回ばっかりは私、G masterを声高らかにお勧めしますよ。ま、今までもしてましたけど。

特にα7SⅢの動画撮影にはG masterなんですよ。これがフルサイズミラーレス市場でのソニーのアドバンテージなんです。

今般発売になったSEL1224GMもそうですが、低ノイズ・高画質を実現するのです。
例えば単焦点のSEL24F14GM等もそうですが、小型・軽量な大口径単焦点レンズは手持ち撮影は当然、ジンバル撮影にも最適。

SEL135F18GMなどもそうですが大口径望遠レンズなど、現場の照度が低い場合もその雰囲気を活かした撮影が可能です。
個人的には今回のα7SⅢの発表を受けて、今までのG masterのストーリーがここに照準を絞ってきたのかな、と思う程です。

たとえば婚礼やイベントなどの撮影をされてきたプロカメラの方々が昨今はかなり動画の撮影にシフトしています。
写真だけではやっていくのが厳しい時代に入ってきているのでしょうね。もちろん両方対応できれば仕事の幅は広がる訳で。

そういったジャンルの方にかなりαは導入していただいていると思います。

2020年8月4日(火) 10時より予約販売開始予定
詳しいスペックはコチラ 

発売まではまだ2ヶ月ほどあるα7SⅢ、あわせてシステムも構想(妄想)していただくとよろしいかと存じます。

よろしくお願いいたします。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

フジクラデンキ

足利市芳町17
TEL 0284-44-3039

担当:しのざきまで

営業時間 9:00~19:00(祝日は18:00迄)
定休日 日曜日及び第2月曜日

ソニーストアでのお買物相談は
http://www.sony.jp/
ショップコード:2114001 をお伝えください!

お問合せフォームございます

お問い合わせ

ツイッターはこちら(フォローお願いします!)
http://twitter.com/#!/r_fujikura

フェイスブックページはこちら(イイネお願いします!)
http://www.facebook.com/wistafujikura

足利周辺でパナホームをご検討の方はフジクラデンキへ

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■