【絶好調】超広角ズームSEL1224GM が絶好調というニュース、SEL20F18Gも

やほーさんのニュースに出てましたが、SONYから発売になった超広角ズーム、SEL1224GMが絶好調なんですって。

そうはいってもやほーニュースさんは次なる自民党総裁=総理大臣が誰になるかのニュースが現在はメイン、それはそうだ。
カメラのレンズの話よりはそっちの方が大事なのはいうまでも無い話ですからねぇ。
現時点では、本命=菅官房長官。 追うは岸田さん、大穴は石破さんという所ですかね。栃木県足利市の☆茂木さんは、、。

まぁ、任期満了による交代ではないのでそのまま引き継ぎであれば当然現在司令塔の官房長官が適任でしょうねぇ。
次なる総選挙に向けてのウォーミングアップという点では皆さん色々とアピールされたら良いじゃないですかね。

さて、本題のレンズの件です。

☆「FE 12-24mm F2.8 GM」が初登場で首位に!

しかしこのニュースの情報源はかの全国1の大手カメラ量販店「Yカメラ」さんのデーター。それを日記にする僕って怖い物無し!?

日本国内には多くのカメラ家電系量販店さんが有りますが、こちらの「Yカメラ」さんは一番素晴らしい企業ではないか、
私は昔からずーっとそう思っています。下品なことはしないし、従業員さんもしっかりしているし、メーカーさんの評判も良い。
私の前職の同僚の方もこちらのYカメラさんにお勤めになっていた方がいらっしゃいましたね。

2020年8月上期のデジタルカメラ用交換レンズ販売ランキングで見事トップに輝いたのは発売になったばかりのおコチラです。

約35万円という高価な商品ながらのTOPはスゴイ事ではないですか?みなさん。しかしもっとスゴイのが、、
売れ筋TOP10の中にソニーEマウント用レンズがベスト10に8本ランクインしているという点。コレの方がスゴイかも。

その8本のランクインの中で、SONY純正レンズは2本。上記のSEL1224GMともう1本はコチラのSEL20F18Gです。

こちらのSEL20F18Gもおニューと言えばおニューですけどね、単焦点レンズだし。お値段だって約11万と決してお安くはない。

こういうデーターを見ても、SONYのEマウントユーザーが増えている事はわかります。しかしこれはやはり必然とも言えます。

やはりキヤノンさんやニコンさんなどの両巨頭はやはり歴史も長く、ユーザーさんのシステムも結構固まっていると思います。
ソニーとしては大きく言えば後発組だし、他メーカーさんのユーザーさんからの乗り換え組も比較的多かろうと思います。

メーカーとしても、ボディよりはおそらくレンズを安定的な価格で販売していく方が利益も固く確保できると思います。
レンズは基本的に値下がりが無いというのが最大の商売上の魅力ですし、ボディと異なり複数の購入が発生する。
しかし、その為にはやはり魅力的なボディを出し続けていかなければならない、こういうビジネスモデルですね。

そうとは言え、それだけ動いていても本日現在ではソニーストアさんでもSEL1224GM&SEL20F18Gともに即出荷。
需要と供給が高次元でマッチングしていると言えると思いますね。

こんな高いレンズを買う人いるのか?と思われていた方もいらっしゃるかも知れませんが、、

コレが現実ですよっ!!

驚愕の高描写力 SONY SEL1224GM

 詳しくはソニーストアでチェックを!!

尚、カメラを扱うカメラ・家電系の量販店さんは多くありますが、やはりその会社さんによる実績の違いは顕著です。やはりみなさん、価格もさることながらわかっている所で買いたい、そういう事ですよね。

よろしくおねがいしますー

 

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

フジクラデンキ

足利市芳町17
TEL 0284-44-3039

担当:しのざきまで

営業時間 9:00~19:00(祝日は18:00迄)
定休日 日曜日及び第2月曜日

ソニーストアでのお買物相談は
http://www.sony.jp/
ショップコード:2114001 をお伝えください!

お問合せフォームございます

お問い合わせ

ツイッターはこちら(フォローお願いします!)
http://twitter.com/#!/r_fujikura

フェイスブックページはこちら(イイネお願いします!)
http://www.facebook.com/wistafujikura

足利周辺でパナホームをご検討の方はフジクラデンキへ

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■