【連発】ソニーが新しいαのティーザー広告を貼りだした件。

毎日毎日、朝立はしないが夕立はくるんですよねぇ。 こんな書き出しで良いですかね?

ソニーからまた「新しいカメラ(α)」のティーザー広告が張り出されているじゃないですか。連発なのね。

今週末、とはいってももう明後日9/11・9/12のお店のイベントのチラシ配りに奔走しております。
できればポストイーン、ではなく一声掛けてと思ってはいるのですが、そうするとこれまたはかどらない。。

という事で、どうしても日記・作家活動は後回しになってしまうのであります。
しかし、日記を数日書かないでいるのにもかかわらず日記を見に来てくれている方が増えている、劇小にバズっている。

何でかというと先日書いたこちらの件ですよ。

☆仮称 α7cとか

という事でこちらが現実をおびてきてーの、ティーザー広告なんでしょうね。

新コンセプトのαが 2020年9月15日(火曜日)10時 にお披露目する。現在の情報はこれだけ。ネット上では色々と書かれているけども。

私個人的な考えでは、いろんなネット上の情報が出てくる中で私が勝手に妄想するのは勝手。。
しかしティーザー広告などでソニーが「新しいカメラを出す」と発信したら口をつぐまなくてはならないのでは。

例えば今度発表されるカメラが「α7c」という型式だとしたならば、なぜソニーは「7」を使用するのかな?
これが結構な疑問ですね。何故ならαというカメラの型式数字「7」は昔から特別だからです。

αの保守本流は「7」

ですので、「7」を名称に選んだお気持ちをその発表されるカメラから、その意図をくみ取りたい。現在はのその一心です。

正直な話、カメラの事で私の所へ相談に来られる方はいまだに「動画不要論者」が多いです。
ですので、正直な所はα7SⅢに関しては「私の周辺」に限っていうとうーーん、という状況ですね。

しかしα7SⅢに関していうと、ちょっと納期的な問題が先に来てしまっているかなという気もしなくはないです。
かなり早期の段階で「納期未定」的な事になってしまいましたからね。

そういう点を考えても、やはり発売当初の球数というのは非常に重要ではないでしょうか。

と、またまたエセカメラ評論家の私がおかしな?事を言いだしてしまいましたが。

「新しいコンセプトのα」 楽しみじゃない訳はないですよね。

9月15日午前10時

待ち遠しいです。

よろしくおねがいしますー

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

フジクラデンキ

足利市芳町17
TEL 0284-44-3039

担当:しのざきまで

営業時間 9:00~19:00(祝日は18:00迄)
定休日 日曜日及び第2月曜日

ソニーストアでのお買物相談は
http://www.sony.jp/
ショップコード:2114001 をお伝えください!

お問合せフォームございます

お問い合わせ

ツイッターはこちら(フォローお願いします!)
http://twitter.com/#!/r_fujikura

フェイスブックページはこちら(イイネお願いします!)
http://www.facebook.com/wistafujikura

足利周辺でパナホームをご検討の方はフジクラデンキへ

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■