【ニュース】今売れてる4Kチューナー搭載テレビTOP10、BRAVIAがTOP3を独占

なんだか最近びっくりするような悲しいニュースが多いですねぇ。
私なんかみたいなパッとしない人間から見ればあんなに容姿端麗できらびやか(に見える)な世界にいて。

それは人間誰しもが悩みや苦悩を抱えて生きているんだろうけども。それでも何かをバネに生きていく訳で、
でもそのバネでも跳ね返す事が出来ないほどの重いモノが有るんだろうな。それは結局他人にはわからないや。

しかし今年はコロナの事も含めて、今の所あんまり良い年にはなっていませんね。これからの終盤戦に期待したいですよ。

と言う事でいくらか明るめのニュースをっ!! (やほーニュースから)

「今売れてる4Kチューナー搭載テレビTOP10、BRAVIAがTOP3を独占」

まぁ、いうてもね。私個人としては「日本メーカーのテレビじゃね?」というのはもうソニーとパナしかないよね、
こう、お客様には話をしてしまっておりますよ。シャープさんはあーだし、東芝さんもあーだし。日立さんだってね。
三菱さんが有るっちゃー有るけども、なんだか独自路線な臭いがするし。。(そんなことないか)

☆BCNランキング今売れてる4Kチューナー搭載テレビ

集計期間は2020年9月14日から20日の直近1週間のデーターですが。順位はこんな感じです。

1位 BRAVIA KJ-43X8000H(ソニー)
2位 BRAVIA KJ-55X9500H(ソニー)
3位 BRAVIA KJ-49X9500G(ソニー)
4位 VIERA TH-49HX850(パナソニック)
5位 VIERA TH-43HX850(パナソニック)
6位 AQUOS 4K 4T-C50CN1(シャープ)
7位 BRAVIA KJ-43X8500H(ソニー)
8位 REGZA 43M540X(東芝)
8位 BRAVIA KJ-55X8000H(ソニー)
10位 AQUOS 4K 4T-C40BH1(シャープ)

TOP10中ソニーのモデルが5つランクインです。がんばってるねソニー。

その中でTOPを取っているのはこちらのモデル、

ソニー KJ-43X8000H 詳細は→ コチラから

でもね、これは私ちょっとモノ申したいですよ。 なんでかっていうとちょっと「安すぎる設定」だからです。
4Kチューナー2個入れて基本販売価格が90,000円税別ですよ。ソニーストアAV10%OFF使うと税込90,000円弱。。

これについてはわれわれ販売する側でも色んな想いがあるっちゃーあります。まぁしかし。
ソニーにはソニーの理由と事情と言う物が有るんでしょうから、、まぁガマンしますけどね。

安くて結構じゃねーかー、というご意見も有ろうかと思いますがね。上位モデルのアピールがしづらくなってしまう。
しかし、そうは言っても分ってる人はわかってるんだよ、というのが2位に付けているこのモデル。

ソニー KJ-55X9500H 詳細は→ コチラから

この9500Hはソニー液晶モデルのトップシリーズ。しかも55インチで。
おそらく普通に考えれば9500Hの49インチモデルである、KJ-49X9500シリーズが来るのが定石と思いますが、
現在、次号機のKJ-49X9500Hの発売を待っている状態で、ひとつ前のKJ-49X9500Gがまだがんばってくれている状況。

販売する側としていつも思うのは何でテレビばかりやすくなる!?シロモノ家電の様に業界全体で値崩れを防ぎ、
「価値相応」の販売価格を維持すべきと個人的には思っているのですが、まぁそこには大人の事情・苦悩があるんでしょ

やっぱり何の世界でも悩みや苦悩を抱えながらがんばっているんでしょうね、でも結局生きなきゃ、生き延びなきゃね。

と言う事?で、私も少なくとも楽しく・明るい年越しが出来る様に後3カ月間がんばっていきたいなと思います!!

よろしくおねがいしますー

(すぐ挫折して天性のあきらめの速さが露呈しますけどもw)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

フジクラデンキ

足利市芳町17
TEL 0284-44-3039

担当:しのざきまで

営業時間 9:00~19:00(祝日は18:00迄)
定休日 日曜日及び第2月曜日

ソニーストアでのお買物相談は
http://www.sony.jp/
ショップコード:2114001 をお伝えください!

お問合せフォームございます

お問い合わせ

ツイッターはこちら(フォローお願いします!)
http://twitter.com/#!/r_fujikura

フェイスブックページはこちら(イイネお願いします!)
http://www.facebook.com/wistafujikura

足利周辺でパナホームをご検討の方はフジクラデンキへ

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■