小ネタ?Aマウントのα99Ⅱ 残価設定クレジット終了。。

稀代の名作映画と言われた? 「翔んで埼玉」が本日夜フジテレビで放映されます。
埼玉県から離れた所にお住いの方にはいまひとつ刺さらないかもですが、
ご当地及び周辺に住んでいる方はね、ぶっ刺さりますよ。

ぜひご覧くださいませ。

さて、ソニーストアさんでカメラ、αを購入される時に選択できるお支払方法は多々ございます。
その中で、「特にカメラを結構使用する方」や「新しいのが出ると欲しくなっちゃう欲張りさん」
におススメなのが、残価設定クレジット というお支払方法です。

分割で24回支払っていき、その後は買い取るか返却してしまうか、が選択できるという。
普通に購入して24か月後に下取りに出せば理屈は同じですが、残価設定なら価格がね。
お約束されている訳ですよね。 安心ですよね。

ここ最近はαも新型、いやニューバージョンが出るピッチが速くなってきている様に感じます。
ですので、おニューが出ると、どうしても欲しくなっちゃうぅという方にはスゴク良い方法。

品物にもよりますが、おぉ、2年後でもそれくらいの価値があるのか、と感心するモデルも。

しかし、時折その料率と言うのでしょうか。金額が変わる事もございます。
もちろん市場価格の変化という事も有りますよね。
あっ、支払っている途中での変更というのはございませんよ。

で、その料率変更みたいな内容を時折資料を頂けるんですが、
昨日、2/7から残価設定クレジットが無くなってしまった物がございます。

で、その中でおっと思った筆頭がこちらです。

αのAマウントトップモデル、α99ⅡことILCA -99M2です。

ふーん、残クレ選べないんだ。 というだけなら良いのですが、もしかして?
という気もね、しなくもないかなと思っちゃいました。

実際問題、現状でα99Ⅱが売れているのか?と問えばそれはまぁ、、という状況でしょう。
時折お客様からもAマウントはやめちゃんかね?とも言われますし。
ましてや新型、「α99Ⅲ(仮)」というのもちょっと想像しがたい状況ではございます。

 


もちろん現在も現行品として販売しておりますけどね。

ちなみに、同時に残価設定クレジットが終了となったのは、

・SAL135F18Z・SAL50F14Z・SAL70200G2・SAL70300G2・SAL300F28G2・SAL500F40G
という「太い系(径)のレンズ」が6品種となります。

オレは(私は)Aマウンターなんだよ、という剛の者な方々は、
もしかするとピッチを上げて行かなきゃならない時期が来るかも。。です。

もちろん、現時点でなんらか情報が入っている訳ではございませんし、
デマ的な情報を発信する気持ちもまったくございません。

ただし、上記のレンズ群も、ではいま生産しているの?という不安が無い事もありません。

ちなみに、私の記憶ですがミノルタさんがαをやめると言った時に、
一番最初にバッと売れてしまったのは135㎜のSTFだったと記憶しております。
「いずれ買おうと思っていたレンズの筆頭」だったんでしょうね。

えぇ、お気持ちのどこかに留めておいていただければと思います。

よろしくお願いいたします。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

フジクラデンキ

足利市芳町17
TEL 0284-44-3039

担当:しのざきまで

営業時間 9:00~19:00(祝日は18:00迄)
定休日 日曜日及び第2月曜日

ソニーストアでのお買物相談は
http://www.sony.jp/
ショップコード:2114001 をお伝えください!

お問合せフォームございます

お問い合わせ

ツイッターはこちら(フォローお願いします!)
http://twitter.com/#!/r_fujikura

フェイスブックページはこちら(イイネお願いします!)
http://www.facebook.com/wistafujikura

足利周辺でパナホームをご検討の方はフジクラデンキへ

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■