CES2020 SONYが発表した自動車 VISION-S Prototype 現実的!?

昨日から情報がぼんぼん飛び交っているCES2020。
私だけでしょうか? やけに今年はCESに注目が集まっている様に感じています。

エレクトロニクス(家電)では今年は正直な所オリンピック需要狙い1本でしょうね。
じゃあ後半はどうする? という事はいま考えているヒマはないよ、こんな感じでしょうか。

そんな中で、SONYさんが今年のCESでCARを発表したというのは非常に大きな意味を感じます。

私は以前から、パナソニックショップはいずれ車(電気自動車)を扱う事になるよね、
と思っておりましたが、SONYさんがCARを発表したという事は、断然その方が現実的になってきました。

もちろん、電気屋は車屋さんではありませんのでね。できる事・できない事ある訳ですが、
コミットする事は十分あり得る話かと思います。

何しろ、展望ではなく、実車が出て来ちゃっている訳ですからね。

 

SONY  「VISION-S(ビジョン エス)」 プロトタイプ

デザインはTeslaさんでしょうかね?
Bosch、 Continental、NVIDIA、クアルコム などとの連携しているとのこと。
ではタイヤはコンチネンタルを履かない訳には行きませんね。

こんな写真を見ると、おぉという気分になりますよね。

車両にカメラの画像認識やレーダー、LiDerといったセンサー技術を組み合わせ安全設備を搭載。
特徴の違うセンサーを組み合わせることで、たとえばカメラ映像だけでは発見しづらい障害物をレーダーで捉えると。
車内外には33個のセンサーを備わっており、車内向けのカメラでは乗員の顔と身体を認識することで、
安全な状態にあるか確認できるようになっているという、いかにも「電気屋らしい」発想。

でもSONYさんの一連のテクノロジーから考えれば、軽口叩くようですがビックリともしませんよね?
このCARを作る為に、今までグランツーリスモを突き詰めてきたのかもしれませんね(笑

ちなみに連携しているコンチネンタルさんも昨日のCESで3Dオーディオ「Ac2ated Sound」を発表しています。

横長のウルトラディスプレイで、運転時の情報表示だけでなく、映画などのコンテンツ鑑賞にも楽しめ、
ソニーのバーチャルサラウンド技術「360 Realty Audio」にも対応し、車内を迫力のある音響空間に。

自動運転技術が進む中で、いずれは走行していながらもフロントウィンドウで映画が見られるかも。

勝手に想像するに、日本国内での発売はそう簡単ではないと思います。
米国や欧州を想像できますが、意外に環境問題で化石燃料車を国策として増やさない中国、
またインド辺りがかなり濃厚な気がしますねぇ。

電気自動車に対していまひとつ進捗しない自動車業界。一つには蓄電の難しさもまだ壁かと思います。
しかし、そこに対してバッテリー時間の持ちに対して挑んできたSONYさんのスタミナ技術がね。

コレ本当に楽しみだな。

 

ソニーストアで予約受けるん!?

10%オフクーポンは使えるん!??

展示車用意して良いですか? > 上司様!!

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

フジクラデンキ

足利市芳町17
TEL 0284-44-3039

担当:しのざきまで

営業時間 9:00~19:00(祝日は18:00迄)
定休日 日曜日及び第2月曜日

ソニーストアでのお買物相談は
http://www.sony.jp/
ショップコード:2114001 をお伝えください!

お問合せフォームございます

お問い合わせ

ツイッターはこちら(フォローお願いします!)
http://twitter.com/#!/r_fujikura

フェイスブックページはこちら(イイネお願いします!)
http://www.facebook.com/wistafujikura

足利周辺でパナホームをご検討の方はフジクラデンキへ

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■