αレンズの最高峰、G-Masterを全部集め?フェアーを企画中!!

αレンズの最高峰、G Master を全部?集めて見られる フェアーを現在企画中です!!

僕は会社から、この7月という電気屋で一番の繁忙期に君は何を考えているのかね!? と怒られてしまうのでしょうか?

7月と言えばそれはもうエアコン、電気屋の夏=エアコンの夏です。
しかし、そんな最中にカメラのレンズ? 君は電気屋としての自覚はあるのか! 電気屋としてのプライドは無いのかっ!!

と、怒られないのも当社の良い所?かと、少しそう思ってます(苦笑

だって、ソニーショップとして結構いろんな宿題が出てるんですからぁ、その他にも宿題勃発したし。

まぁ、何度も言って(書いて))しまってるんですが、現在のフジクラデンキの業務の中で、その中でも私の仕事の中で、
カメラだけはなんだかスペシャルでインディペンデンスな感じだったりしちゃいます。

ちなみにカメラ屋さんから転職した時に、〇〇業に進んでいればこういう事にはならなかったな。。

で、昨日もちょろっと書いたように、私のカメラの個人的な好みはカッチカチのガッチガチです。
そう、ウンチク無くして商品無し。写れば良いならスマホで良し。イカツくなければカメラじゃない。

と、まとめるとこんな感じなんでしょうかね。あくまで個人の好みな話です。

で、α7SⅡの後継機種はいくら私が騒いでみてもどうこうなる物でも無いので、じゃあレンズだと。

それならいかちぃレンズを集めてみようじゃないか、こういう境地に達した次第ですよ。

というのも、本来ならこの時期。特に望遠系のレンズ(メーカーさんの貸出機)は引っ張りだこなんです。
特に、オリンピックなんかがあったひにゃーみんなそっちに行っちゃうんですよ。甲子園とかね。

ただ、今年はコロナのおかげ?で比較的予定が安定しているようで、借りられちゃうかもーみたいな。

で、GM=G Masterをね。借りられるだけ、貸してくれるだけ、お借りしたいと相談中なんです。

現在、G Masterのバッチが付くレンズは全部で10本のラインナップがございます。
えぇ、全部は無理ですよ。そんなにお借りしたら逆に私のプレッシャーがね。エライ事に。

しかし、ココを何とかしたいと思っているんですよ。

大砲。 白くて固くてたくましいレンズ。

正直に言うと、私はSONYさんのこの2本のレンズを販売したことはございません。
しかし、さかのぼってキヤノンさんやニコンさんのソレをカウントして良いなら何十本も販売しています。

SONYさんのEマウントにはないですが、300㎜F2.8(さんにっぱ)なんていうレンズはビフォアブレックファースト。

例えば、ソニーさんには素晴らしく売れ筋のSEL200600Gというレンズがあります。十分なレンズです。
SEL200600GとSEL600F40GMで撮ったらナニがどう違う、メリットはデメリットは。そして高い方を購入する理由は。

ISO感度がガンガン上がる時代に、大口径レンズの開放F値のメリットがあるのか。
しかもαはミラーレス、レンズのF値が明るかろうが暗かろうが、ファインダーから見える明るさは基本同じ。

AFの追従速度、違うっちゃー違うけど、相手に寄っちゃあ置きピンでしょ? と言ってしまえばそれはそう。

じゃあなんなの?

「G Master 全部集め フェアー」が開催できたらぜひお店にご来店下さいませ。

αレンズの最高峰、G Masterの魅力はまずこちらからチェックを。

話はそれからです(笑

私は「自分はカメラの事を良く知っているんだ」という上から目線の人は苦手です。私もそうなりたくありません。

ただ、多くの大口径レンズを販売させていただいた過去のお仕事の中で、購入された方はなぜそれを選ばれたのか、

それを一緒に共有させていただいた事が有る、という事です。

企画できたらまた告知しますー

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

フジクラデンキ

足利市芳町17
TEL 0284-44-3039

担当:しのざきまで

営業時間 9:00~19:00(祝日は18:00迄)
定休日 日曜日及び第2月曜日

ソニーストアでのお買物相談は
http://www.sony.jp/
ショップコード:2114001 をお伝えください!

お問合せフォームございます
http://www.fujikuradenki.com/contact/

ツイッターはこちら(フォローお願いします!)
http://twitter.com/#!/r_fujikura

フェイスブックページはこちら(イイネお願いします!)
http://www.facebook.com/wistafujikura

足利周辺でパナホームをご検討の方はフジクラデンキへ

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■